Category Archives: オンラインテスト

15 10月

400-201 CCIE オンラインテスト-CCIE Service Provider

我社は400-201 CCIE試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

1. A service provider is implementing Ethernet solutions for clients that are not being provisioned
within the MPLS core network.Which solution allows the Service Provider to complete Ethernet circuit provisioning in this scenario?

 
 
 
 

2. Which is the main characteristic of LTE architecture comparing to other mobile architectures?

 
 
 
 

3. A Service Provider is offering VoIP services and a service level agreement to customers.
Which configuration provides validation to customers that the service level agreement has been honored?

 
 
 
 

4. A telecom company offers ISPs the ability to resell dynamic IP broadband services over its local loops, but it does not allow the resellers to install broadband network gateways.
If an ISP wants to become a reseller but is unable to use NHRP, which tunneling protocol should be implemented?

 
 
 
 

5. Which are the three benefits of using the Yang model? (Choose three.)

 
 
 
 
 
 

6. A Service Provider provides a Layer 2 connection that is based on IEEE 802.1ad. When the customer tries to access a switch at the other side of the link by using SSH, the connection fails.
What is the cause of this failure?

 
 
 
 

7. In an MPLS VPN environment, the QoS marking over the MPLS backbone must be different from the one that is received from the customer. The forwarding on the egress PE is based on the marking that is set by the ingress PE.
Which null label and QoS mode can achieve this?

 
 
 
 
 
 
 

8. An engineer is deploying RTBH.
What is necessary routing constraint required for successful implementation?

 
 
 
 
 

9. Which Cisco IOS XR Virtualization technology provides full isolation between virtualized routing instances for extra control plane resources?

 
 
 
 

10. An engineer wants to configure MPLS TE Fast Reroute with link protection on five routers.
Which methodology can reduce configuration on the point of the local repair router and successfully complete the task?

 
 
 
 

Question 1 of 10

 

buy

02 6月

300-070 CIPTV1オンラインテスト-Implementing Cisco IP Telephony & Video, Part 1 v1.0

我社は300-070 CIPTV1試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

Please go to 300-070 CIPTV1オンラインテスト-Implementing Cisco IP Telephony & Video, Part 1 v1.0 to view the test

 

buy

01 6月

300-115J SWITCHオンラインテスト-Implementing Cisco IP Switched Networks日本語版

我社は300-115J SWITCH試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

Please go to 300-115J SWITCHオンラインテスト-Implementing Cisco IP Switched Networks日本語版 to view the test

 

buy

11 5月

400-101J CCIE Routing and Switching 筆記試験 v5.0オンラインテスト問題集

Cisco 400-101J CCIE Routing and Switching 筆記試験 v5.0試験は、CCIE Routing and Switching認定に関連する試験です。 問題数90 – 110 問、解答時間 120 分の試験です。400-101J試験では、複雑な企業ネットワーク インフラストラクチャの構成、検証、トラブルシューティングに必要な専門知識、インフラストラクチャ コンポーネントが相互に運用されるしくみを理解するために必要な専門知識、機能要件を特定のデバイス構成に変換するために必要な専門知識を備えていることを認定します。

Cisco Certified Internetwork Expert Routing and Switching (CCIE® Routing and Switching) 認定は、計画、運用、複雑な統合型ネットワーク インフラストラクチャの問題解決において、エキスパート レベルのネットワーク エンジニアに求められるスキルを備えていることを証明します。

400-101J CCIE Routing and Switching 筆記試験 v5.0オンラインテスト、こちらをクリックして

400-101J CCIE Routing and Switching試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、400-101J CCIE Routing and Switching試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、400-101J CCIE Routing and Switching試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 400-101J CCIE Routing and Switching試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

10% 1.0 ネットワークの原則

1.1 ネットワークの理論
1.1.a IOS と IOS XE の基本的なソフトウェア アーキテクチャの違いの説明
1.1.a (i) コントロール プレーンとフォワーディング プレーン
1.1.a (ii) トラブルシューティングとパフォーマンスへの影響
1.1.a (iii) 特定のプラットフォームのアーキテクチャの除外

1.1.b シスコ エクスプレス フォワーディング概念の理解
1.1.b (i) RIB、FIB、LFIB、隣接関係テーブル
1.1.b (ii) ロード バランシング ハッシュ
1.1.b (iii) 極性の概念と回避

1.1.c 一般的なネットワークの課題の説明
1.1.c (i) ユニキャスト フラッディング
1.1.c (ii) 不連続パケット
1.1.c (iii) 非対称ルーティング
1.1.c (iv) マイクロ バーストの影響

1.1.d IP オペレーションの説明
1.1.d (i) ICMP 到達不能、リダイレクト
1.1.d (ii) IPv4 オプション、IPv6 拡張ヘッダー
1.1.d (iii) IPv4 および IPv6 フラグメンテーション
1.1.d (iv) TTL
1.1.d (v) IP MTU

1.1.e TCP オペレーションの説明
1.1.e (i) IPv4 および IPv6 PMTU
1.1.e (ii) MSS
1.1.e (iii) 遅延
1.1.e (iv) ウィンドウイング
1.1.e (v) 帯域遅延積
1.1.e (vi) グローバル同期
1.1.e (vii) オプション

1.1.f UDP オペレーションの説明
1.1.f (i) スターベーション
1.1.f (ii) 遅延
1.1.f (iii) RTP/RTCP 概念

1.2 ネットワークの導入と運用
1.2.a 提案されているネットワーク変更の評価
1.2.a (i) ルーティング プロトコル パラメータへの変更
1.2.a (ii) ネットワークの部分的な IPv6 への移行
1.2.a (iii) ルーティング プロトコルの移行
1.2.a (iv) マルチキャスト サポートの追加
1.2.a (v) スパニング ツリー プロトコルの移行
1.2.a (vi) 既存の QoS 設計への新しいトラフィックの影響の評価

1.3 ネットワーク トラブルシューティング
1.3.a IOS トラブルシューティング ツールの使用
1.3.a (i) debug, デバッグ、条件付きデバッグ
1.3.a (ii) 拡張オプション付き ping、traceroute
1.3.a (iii) 組み込みパケット キャプチャ
1.3.a (iv) パフォーマンス モニタ

1.3.b トラブルシューティング方法論の適用
1.3.b (i) ネットワーキング問題の根本原因の診断
(症状の分析、根本原因の特定と説明)
1.3.b (ii) 制約に従った有効なソリューションの設計と導入
1.3.b (iii) 解決の検証とモニタ

1.3.c パケット キャプチャの解釈
1.3.c (i) Wireshark トレース アナライザの使用
1.3.c (ii) IOS 組み込みパケット キャプチャの使用

15% 2.0 レイヤ 2 テクノロジー

2.1 LAN スイッチング テクノロジー
2.1.a スイッチ管理の導入とトラブルシューティング
2.1.a (i) MAC アドレス テーブルの管理
2.1.a (ii) errDisable recovery
2.1.a (iii) L2 MTU

2.1.b レイヤ 2 プロトコルの導入とトラブルシューティング
2.1.b (i) CDP、LLDP
2.1.b (ii) UDLD

2.1.c VLAN の導入とトラブルシューティング
2.1.c (i) アクセス ポート
2.1.c (ii) VLAN データベース
2.1.c (iii) 標準、拡張 VLAN、音声 VLAN

2.1.d トランキングの導入とトラブルシューティング
2.1.d (i) VTPv1、VTPv2、VTPv3、VTP プルーニング
2.1.d (ii) dot1Q
2.1.d (iii) ネイティブ VLAN
2.1.d (iv) 手動プルーニング

2.1.e EtherChannel の導入とトラブルシューティング
2.1.e (i) LACP、PAgP、手動
2.1.e (ii) レイヤ 2、レイヤ 3
2.1.e (iii) ロードバランシング
2.1.e (iv) Etherchannel 設定ミス ガード

2.1.f スパニングツリーの導入とトラブルシューティング
2.1.f (i) PVST+/RPVST+/MST
2.1.f (ii) スイッチ プライオリティ、ポート プライオリティ、パス コスト、STP タイマー
2.1.f (iii) PortFast、BPDUguard、BPDUfilter
2.1.f (iv) ループガード、ルートガード

2.1.g その他の LAN スイッチング テクノロジーの導入とトラブルシューティング
2.1.g (i) SPAN、RSPAN、ERSPAN

2.1.h シャーシの仮想化と集約テクノロジーの説明
2.1.h (i) マルチシャーシ
2.1.h (ii) VSS 概念
2.1.h (iii) STP の代替
2.1.h (iv) Stackwise
2.1.h (v) 特定プラットフォームの導入の除外

2.1.i スパニングツリー概念の説明
2.1.i (i) MST と RSTP の互換性
2.1.i (ii) STP ディスピュート、STP ブリッジ保証

2.2 レイヤ 2 マルチキャスト
2.2.a IGMP の導入とトラブルシューティング
2.2.a (i) IGMPv1、IGMPv2、IGMPv3
2.2.a (ii) IGMP スヌーピング
2.2.a (iii) IGMP クエリア
2.2.a (iv) IGMP フィルタ
2.2.a (v) IGMP プロキシ

2.2.b MLD の説明
2.2.c PIM スヌーピングの説明

2.3 レイヤ 2 WAN 回線テクノロジー
2.3.a HDLC の導入とトラブルシューティング

2.3.b PPP の導入とトラブルシューティング
2.3.b (i) 認証(PAP、CHAP)
2.3.b (ii) PPPoE
2.3.b (iii) MLPPP

2.3.c WAN レートベース イーサネット回線の説明
2.3.c (i) Metro および WAN イーサネット テクノロジー
2.3.c (ii) レート制限 WAN イーサネット サービスの使用

40% 3.0 レイヤ 3 テクノロジー

3.1 アドレッシング テクノロジー
3.1.a IPv4 アドレッシングとサブネット化の特定、導入、およびトラブルシューティング
3.1.a (i) アドレス タイプ、VLSM
3.1.a (ii) ARP

3.1.b IPv6 アドレッシングとサブネット化の特定、導入、およびトラブルシューティング
3.1.b (i) ユニキャスト、マルチキャスト
3.1.b (ii) EUI-64
3.1.b (iii) ND、RS/RA
3.1.b (iv) 自動設定/SLAAC、仮アドレス(RFC4941)
3.1.b (v) グローバル プレフィクス構成機能
3.1.b (vi) DHCP プロトコル オペレーション
3.1.b (vii) SLAAC/DHCPv6 インタラクション
3.1.b (viii) ステートフル、ステートレス DHCPv6
3.1.b (ix) DHCPv6 プレフィクス委任

3.2 レイヤ 3 マルチキャスト
3.2.a リバース パス転送のトラブルシューティング
3.2.a (i) RPF 障害
3.2.a (ii) RPF 障害とトンネル インターフェイス

3.2.b IPv4 プロトコル独立型マルチキャストの導入とトラブルシューティング
3.2.b (i) PIM デンス モード、スパース モード、スパース – デンス モード
3.2.b (ii) スタティック RP、自動 RP、BSR
3.2.b (iii) 双方向 PIM
3.2.b (iv) Source-specific multicast
3.2.b (v) グループ/RP マッピング
3.2.b (vi) マルチキャスト境界

3.2.c マルチキャスト発信元検出プロトコルの導入とトラブルシューティング
3.2.c (i) イントラドメイン MSDP(エニーキャスト RP)
3.2.c (ii) SA フィルタ

3.2.d IPv6 マルチキャストの説明
3.2.d (i) IPv6 マルチキャスト アドレス
3.2.d (ii) PIMv6

3.3 基本的なルーティング概念
3.3.a スタティック ルーティングの導入とトラブルシューティング
3.3.b デフォルト ルーティングの導入とトラブルシューティング
3.3.c ルーティング プロトコル タイプの比較
3.3.c (i) ディスタンス ベクトル
3.3.c (ii) リンク ステート
3.3.c (iii) パス ベクトル

3.3.d アドミニストレーティブ ディスタンスの導入、最適化、トラブルシューティング
3.3.e パッシブ インターフェイスの導入とトラブルシューティング
3.3.f VRF Lite の導入とトラブルシューティング
3.3.g ルーティング プロトコルによるフィルタリングの導入、最適化、トラブルシューティング
3.3.h ルーティング プロトコル間での再配布の導入、最適化、トラブルシューティング
3.3.i ルーティング プロトコルによる手動および自動サマライズの導入、最適化、トラブルシューティング
3.3.j ポリシーベース ルーティングの導入、最適化、トラブルシューティング
3.3.k サブオプティマル ルーティングの特定とトラブルシューティング
3.3.l 双方向フォワーディング検出の導入とトラブルシューティング
3.3.m ループ防止メカニズムの導入とトラブルシューティング
3.3.m (i) ルート タギング、フィルタリング
3.3.m (ii) スプリット ホライズン
3.3.m (iii) ルート ポイズニング

3.3.n ルーティング プロトコル認証の導入とトラブルシューティング
3.3.n (i) MD5
3.3.n (ii) キーチェーン
3.3.n (iii) EIGRP HMAC SHA2-256 ビット
3.3.n (iv) OSPFv2 SHA1-196 ビット
3.3.n (v) OSPFv3 IPsec 認証

3.4 RIP(v2 および v6)
3.4.a RIPv2 の導入とトラブルシューティング
3.4.b RIPv6(RIPng)の説明

3.5 EIGRP(IPv4 および IPv6 用)
3.5.a パケット タイプの説明
3.5.a (i) パケット タイプ(hello、query、update など)
3.5.a (ii) ルート タイプ(内部、外部)

3.5.b ネイバー関係の導入とトラブルシューティング
3.5.b (i) マルチキャスト、ユニキャスト EIGRP ピアリング
3.5.b (ii) OTP ポイントツーポイント ピアリング
3.5.b (iii) OTP ルートリフレクタ ピアリング
3.5.b (iv) OTP マルチプル サービス プロバイダ シナリオ

3.5.c ループ フリー パス選択の導入とトラブルシューティング
3.5.c (i) RD、FD、FC、サクセサ、フィジブル サクセサ
3.5.c (ii) 従来のメトリック
3.5.c (iii) ワイド メトリック

3.5.d 操作の導入とトラブルシューティング
3.5.d (i) 一般的な操作
3.5.d (ii) トポロジ テーブル、アップデート、クエリー、アクティブ、パッシブ
3.5.d (iii) Stuck in active
3.5.d (iv) グレースフル シャットダウン

3.5.e EIGRP スタブの導入とトラブルシューティング
3.5.e (i) スタブ
3.5.e (ii) リークマップ

3.5.f ロードバランシングの導入とトラブルシューティング
3.5.f (i) 等コスト
3.5.f (ii) 不等コスト
3.5.f (iii) add-path

3.5.g EIGRP(マルチアドレス)名前付きモードの導入
3.5.g (i) ファミリのタイプ
3.5.g (ii) IPv4 アドレスファミリ
3.5.g (iii) IPv6 アドレスファミリ

3.5.h EIGRP のコンバージェンスおよび拡張性の導入、トラブルシューティング、最適化
3.5.h (i) 高速コンバージェンス要件の説明
3.5.h (ii) 制御クエリー境界
3.5.h (iii) IP FRR/高速再ルーティング(シングル ホップ)
3.5.h (iv) サマリー リークマップ
3.5.h (v) サマリー メトリック

3.6 OSPF(v2 および v3)
3.6.a パケット タイプの説明
3.6.a (i) LSA タイプ(1、2、3、4、5、7、9)
3.6.a (ii) ルート タイプ(N1、N2、E1、E2)

3.6.b ネイバー関係の導入とトラブルシューティング

3.6.c OSPFv3 アドレスファミリ サポートの導入とトラブルシューティング
3.6.c (i) IPv4 アドレスファミリ
3.6.c (ii) IPv6 アドレスファミリ

3.6.d ネットワーク タイプ、エリア タイプ、ルータ タイプの導入とトラブルシューティング
3.6.d (i) ポイントツーポイント、マルチポイント、ブロードキャスト、非ブロードキャスト
3.6.d (ii) LSA タイプ、エリア タイプ:バックボーン、標準、中継、スタブ、NSSA、完全スタブ
3.6.d (iii) 内部ルータ、ABR、ASBR
3.6.d (iv) 仮想リンク

3.6.e パス プリファレンスの導入とトラブルシューティング

3.6.f 操作の導入とトラブルシューティング
3.6.f (i) 一般的な操作
3.6.f (ii) グレースフル シャットダウン
3.6.f (iii) GTSM (Generic TTL Security Mechanism)

3.6.g OSPF のコンバージェンスおよび拡張性の導入、トラブルシューティング、最適化
3.6.g (i) メトリック
3.6.g (ii) LSA スロットリング、SPF チューニング、Fast Hello
3.6.g (iii) LSA 伝搬コントロール(エリア タイプ、ISPF)
3.6.g (iv) IP FRR/高速再ルーティング(シングル ホップ)
3.6.g (v) LFA/ループフリー代替(マルチホップ)
3.6.g (vi) OSPFv3 プレフィクス抑制

3.7 BGP
3.7.a ピア関係の説明、導入、トラブルシューティング
3.7.a (i) ピアグループ、テンプレート
3.7.a (ii) アクティブ、パッシブ
3.7.a (iii) ステート、タイマー
3.7.a (iv) ダイナミック ネイバー

3.7.b IBGP および EBGP の実装とトラブルシューティング
3.7.b (i) EBGP、IBGP
3.7.b (ii) 4 バイト AS 番号
3.7.b (iii) プライベート AS

3.7.c 属性と最適パス選択の説明

3.7.d ルーティング ポリシーの導入、最適化、トラブルシューティング
3.7.d (i) 属性の操作
3.7.d (ii) 条件付きアドバタイズメント
3.7.d (iii) 発信ルート フィルタリング
3.7.d (iv) コミュニティ、拡張コミュニティ
3.7.d (v) マルチホーミング

3.7.e 拡張性の導入とトラブルシューティング
3.7.e (i) ルート リフレクタ、クラスタ
3.7.e (ii) コンフェデレーション
3.7.e (iii) 集約、AS セット

3.7.f マルチプロトコル BGP の導入とトラブルシューティング
3.7.f (i) IPv4、IPv6、VPN アドレスファミリ

3.7.g AS パス操作の導入とトラブルシューティング
3.7.g (i) ローカル AS、Allow-AS-in、remove-private-as
3.7.g (ii) Prepend
3.7.g (iii) Regexp

3.7.h その他の機能の導入とトラブルシューティング
3.7.h (i) マルチパス
3.7.h (ii) BGP 同期
3.7.h (iii) ソフト再構成、ルート リフレッシュ

3.7.i BGP 高速コンバージェンス機能の説明
3.7.i (i) プレフィクス独立コンバージェンス
3.7.i (ii) Add-path
3.7.i (iii) ネクストホップ アドレス トラッキング

3.8 ISIS(IPv4 および IPv6 の場合)
3.8.a 基本的な ISIS ネットワークの説明
3.8.a (i) シングル エリア、シングル トポロジー

3.8.b ネイバー関係の説明

3.8.c ネットワーク タイプ、レベル、ルータ タイプの説明
3.8.c (i) NSAP アドレッシング
3.8.c (ii) ポイントツーポイント、ブロードキャスト

3.8.d 操作の説明

3.8.e 最適化機能の説明
3.8.e (i) メトリック、ワイド メトリック

15% 4.0 VPN テクノロジー

4.1 トンネリング
4.1.a MPLS オペレーションの導入とトラブルシューティング
4.1.a (i) ラベル スタック、LSR、LSP
4.1.a (ii) LDP
4.1.a (iii) MPLS ping、MPLS traceroute

4.1.b MPLS L3VPN の導入とトラブルシューティング
4.1.b (i) L3VPN、CE、PE、P
4.1.b (ii) エクストラネット(ルート リーク)

4.1.c カプセル化の導入とトラブルシューティング
4.1.c (i) GRE
4.1.c (ii) ダイナミック GRE
4.1.c (iii) EIGRP OTP をサポートする LISP カプセル化原則

4.1.d DMVPN の導入とトラブルシューティング(シングル ハブ)
4.1.d (i) NHRP
4.1.d (ii) 事前共有キーを使用した IPsec による DMVPN
4.1.d (iii) QoS プロファイル
4.1.d (iv) Pre-classify

4.1.e IPv6 トンネリング技術の説明
4.1.e (i) 6in4、6to4
4.1.e (ii) ISATAP
4.1.e (iii) 6RD
4.1.e (iv) 6PE/6VPE

4.1.g 基本的なレイヤ 2 VPN の説明 – 有線
4.1.g (i) L2TPv3 一般原則
4.1.g (ii) ATOM 一般原則

4.1.h 基本的な L2VPN の説明 – LAN サービス
4.1.h (i) MPLS-VPLS 一般原則
4.1.h (ii) OTV 一般原則

4.2 暗号化
4.2.a IPsec と事前共有キーの導入とトラブルシューティング
4.2.a (i) IPv4 サイトと IPv4 サイト
4.2.a (ii) IPv4 トンネルの IPv6
4.2.a (iii) 仮想トンネリング インターフェイス(VTI)

4.2.b GET VPN の説明

5% 5.0 インフラストラクチャのセキュリティ

5.1 デバイスのセキュリティ
5.1.a ローカル データベースを使用した IOS AAA の導入とトラブルシューティング
5.1.b デバイス アクセス コントロールの導入とトラブルシューティング
5.1.b (i) ライン (VTY、AUX、コンソール)
5.1.b (ii) SNMP
5.1.b (iii) 管理プレーン保護
5.1.b (iv) パスワード暗号化

5.1.c コントロール プレーン ポリシングの導入とトラブルシューティング

5.1.d TACACS+ および RADIUS と IOS AAA を使用したデバイス セキュリティの説明
5.1.d (i) AAA と TACACS+ および RADIUS
5.1.d (ii) ローカルの権限許可のフォールバック

5.2 ネットワーク セキュリティ
5.2.a スイッチのセキュリティ機能の導入とトラブルシューティング
5.2.a (i) VACL、PACL
5.2.a (ii) ストーム制御
5.2.a (iii) DHCP スヌーピング
5.2.a (iv) IP ソースガード
5.2.a (v) ダイナミック ARP インスペクション
5.2.a (vi) ポート セキュリティ
5.2.a (vii) プライベート VLAN

5.2.b ルータ セキュリティ機能の導入とトラブルシューティング
5.2.b (i) IPv4 アクセス コントロール リスト(標準、拡張、時間ベース)
5.2.b (ii) IPv6 トラフィック フィルタ
5.2.b (iii) ユニキャスト リバース パス転送

5.2.c IPv6 ファースト ホップ セキュリティの導入とトラブルシューティング
5.2.c (i) RA ガード
5.2.c (ii) DHCP ガード
5.2.c (iii) バインディング テーブル
5.2.c (iv) デバイス トラッキング
5.2.c (v) ND インスペクション/スヌーピング
5.2.c (vii) ソース ガード
5.2.c (viii) PACL

5.2.d 802.1x の説明
5.2.d (i) 802.1x、EAP、RADIUS
5.2.d (ii) MAC 認証バイパス

15% 6.0 インフラストラクチャ サービス

6.1 システム管理
6.1.a デバイス管理の導入とトラブルシューティング
6.1.a (i) コンソールと VTY
6.1.a (ii) telnet、HTTP、HTTPS、SSH、SCP
6.1.a (iii) (T)FTP

6.1.b SNMP の導入とトラブルシューティング
6.1.b (i) v2c、v3

6.1.c ロギングの導入とトラブルシューティング
6.1.c (i) ローカル ロギング、Syslog、デバッグ、条件付きデバッグ
6.1.c (ii) タイムスタンプ

6.2 Quality of service
6.2.a エンドツーエンド QoS の導入とトラブルシューティング
6.2.a (i) CoS および DSCP マッピング

6.2.b MQC を使用した QoS の導入、最適化、トラブルシューティング
6.2.b (i) 分類
6.2.b (ii) Network based application recognition (NBAR)
6.2.b (iii) IP precedence、DSCP、CoS、ECN を使用したマーキング
6.2.b (iv) ポリシング、シェーピング
6.2.b (v) 輻輳管理(キューイング)
6.2.b (vi) HQoS、サブレート イーサネット リンク
6.2.b (vii) 輻輳回避(WRED)

6.2.c レイヤ 2 QoS の説明
6.2.c (i) キューイング、スケジューリング
6.2.c (ii) 分類、マーキング

6.3 ネットワーク サービス
6.3.a ファーストホップ冗長プロトコルの導入とトラブルシューティング
6.3.a (i) HSRP、GLBP、VRRP
6.3.a (ii) IPv6 RS/RA を使用した冗長性

6.3.b ネットワーク タイム プロトコルの導入とトラブルシューティング
6.3.b (i) NTP マスター、クライアント、バージョン 3、バージョン 4
6.3.b (ii) NTP 認証

6.3.c IPv4 および IPv6 DHCP の導入とトラブルシューティング
6.3.c (i) DHCP クライアント、IOS DHCP サーバ、DHCP リレー
6.3.c (ii) DHCP オプション
6.3.c (iii) DHCP プロトコル オペレーション
6.3.c (iv) SLAAC/DHCPv6 インタラクション
6.3.c (v) ステートフル、ステートレス DHCPv6
6.3.c (vi) DHCPv6 プレフィクス委任

6.3.d IPv4 ネットワーク アドレス変換の導入とトラブルシューティング
6.3.d (i) スタティック NAT、ダイナミック NAT、ポリシーベース NAT、PAT
6.3.d (ii) NAT ALG

6.3.e IPv6 ネットワーク アドレス変換の説明
6.3.e (i) NAT64
6.3.e (ii) NPTv6

6.4 ネットワークの最適化
6.4.a IP SLA の導入とトラブルシューティング
6.4.a (i) ICMP、UDP、ジッター、VoIP

6.4.b トラッキング オブジェクトの導入とトラブルシューティング
6.4.b (i) トラッキング オブジェクト、トラッキング リスト
6.4.b (ii) 異なるエンティティのトラッキング(インターフェイス、ルート、IPSLA など)

6.4.c NetFlow の導入とトラブルシューティング
6.4.c (i) NetFlow v5、v9
6.4.c (ii) ローカル検索
6.4.c (iii) エクスポート(構成のみ)

6.4.d 組み込みイベント マネージャの導入とトラブルシューティング
6.4.d (i) アプレットを使用した EEM ポリシー

6.4.e パフォーマンス ルーティング(PfR)の特定
6.4.e (i) 基本的なロード バランシング
6.4.e (ii) 音声の最適化

07 5月

200-101 ICND2 Interconnecting Cisco Networking Devices Part 2オンラインテスト問題集

Cisco 200-101 Interconnecting Cisco Networking Devices Part 2 (ICND2) 試験は、CCNA Routing and Switching 認定に関連する試験です。 Interconnecting Cisco Networking Devices Part 2 (ICND2) v2.0 コースを受講することで、試験の準備をすることができます。 200-101 ICND2試験では、中小規模エンタープライズ ブランチ オフィス ネットワークの導入、運用、およびトラブルシューティングを行うためのスキルと知識が問われます。200-101 ICND2試験には、LAN スイッチング テクノロジー、IP ルーティング テクノロジー、IP サービス (FHRP、Syslog、SNMP v2 & v3)、トラブルシューティング、WAN テクノロジーなどが含まれます。

Cisco 200-101 ICND2試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、200-101 ICND2試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、200-101 ICND2試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 200-101 ICND2試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

無料Cisco 200-101 ICND2オンラインテスト試験、こちらをクリックする

 

21% 1.0 LAN スイッチング テクノロジー

1.1 強化されたスイッチング テクノロジーの確認
1.1.a RSTP
1.1.b PVSTP
1.1.c EtherChannels

1.2 PVSTP の動作の設定と確認
1.2.a ルート ブリッジ選出の説明
1.2.b スパニング ツリー モード

26% 2.0 IP ルーティング テクノロジー

2.1 Cisco IOS ルータのブート プロセスの説明

2.2 シリアル インターフェイスの動作ステータスの設定と確認

2.3 Cisco IOS ファイルの管理
2.3.a 起動方法の種類
2.3.b Cisco IOS イメージ
2.3.c ライセンス
2.3.c (i) ライセンスの表示
2.3.c (ii) ライセンスの変更

2.4 複数のルーティング手法およびルーティング プロトコルの比較
2.4.a アドミニストレーティブ ディスタンス
2.4.b スプリット ホライズン
2.4.c メトリック
2.4.d ネクスト ホップ

2.5 OSPF(マルチ エリア)の設定と確認
2.5.a ネイバー アジャセンシー
2.5.b OSPF のステータス
2.5.c OSPv2 の設定
2.5.d OSPv3 の設定
2.5.e ルータ ID
2.5.f LSA の種類と目的の理解

2.6 EIGRP(シングル AS)の設定と確認
2.6.a フィジブル ディスタンス/フィジブル サクセサ/
アドミニストレーティブ ディスタンス
2.6.b フィジビリティ コンディション
2.6.c メトリック構成
2.6.d ルータ ID
2.6.e 自動サマリー
2.6.f パスの選択
2.6.g ロード バランシング
2.6.g (i) 等
2.6.g (ii) 不等
2.6.h パッシブ インターフェイス

6% 3.0 IP サービス

3.1 ハイ アベイラビリティ(FHRP)の理解
3.1.a VRRP
3.1.b HSRP
3.1.c GLBP

3.2 Syslog の設定と確認
3.2.a Syslog 出力の活用

3.3 SNMP v2 および v3 の説明

32% 4.0 トラブルシューティング

4.1 一般的なネットワークの問題の特定と修正

4.2 NetFlow データの利用

4.3 スパニング ツリーの動作に関する問題のトラブルシューティングと解決
4.3.a ルート スイッチの確認
4.3.b プライオリティの確認
4.3.c モードが正しいことの確認
4.3.d ポートのステータスの確認

4.4 ルーティングの問題に関するトラブルシューティングと解決
4.4.a ルーティングが有効になっていることの確認(sh ip protocols)
4.4.b ルーティング テーブルが正しいことの確認
4.4.c 正しいパス選択の確認

4.5 OSPF の障害に関するトラブルシューティングと解決
4.5.a ネイバー アジャセンシーの確認
4.5.b Hello タイマーとデッド タイマーの確認
4.5.c OSPF エリアの確認
4.5.d インターフェイス MTU の確認
4.5.e ネットワーク タイプの確認
4.5.f ネイバーの状態の確認
4.5.g OSPF トポロジ テーブルの確認

4.6 EIGRP の障害に関するトラブルシューティングと解決
4.6.a ネイバー アジャセンシーの確認
4.6.b AS 番号の確認
4.6.c ロード バランシングの確認
4.6.d スプリット ホライズン

4.7 VLAN 間ルーティングの問題に関するトラブルシューティングと解決
4.7.a 接続性の確認
4.7.b カプセル化の確認
4.7.c サブネットの確認
4.7.d ネイティブ VLAN の確認
4.7.e ポート モードのトランク ステータス

4.8 WAN の実装の問題に関するトラブルシューティングと解決
4.8.a シリアル インターフェイス
4.8.b フレーム リレー
4.8.c PPP

4.9 NetFlow 統計の監視

4.10 EtherChannel の問題に関するトラブルシューティング

15% 5.0 WAN テクノロジー

5.1 さまざまな WAN テクノロジーの確認
5.1.a メトロ イーサネット
5.1.b VSAT
5.1.c セルラー 3G/4G
5.1.d MPLS
5.1.e T1/E1
5.1.f ISDN
5.1.g DSL
5.1.h フレーム リレー
5.1.i ケーブル
5.1.j VPN

5.2 基本的な WAN のシリアル接続の設定と確認

5.3 シスコ製ルータ間の PPP 接続の設定と確認

5.4 シスコ製ルータでのフレームリレーの設定と確認

5.5 PPPoE の実装とトラブルシューティング

04 5月

300-101J ROUTEオンラインテスト-Implementing Cisco IP Routing日本語版

我社は300-101J ROUTE試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

Please go to 300-101J ROUTEオンラインテスト-Implementing Cisco IP Routing日本語版 to view the test

 

buy

04 5月

650-474 PAISESEオンラインテスト-Introducing Cisco Identity Services Engine for System Engineer Exam

我社は650-474 PAISESE試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

Please go to 650-474 PAISESEオンラインテスト-Introducing Cisco Identity Services Engine for System Engineer Exam to view the test

 

buy

04 5月

650-472 S802DT1Xオンラインテスト-Introduction to 802.1X Operations for Cisco Security Professionals Exam

我社は650-472 S802DT1X試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

Please go to 650-472 S802DT1Xオンラインテスト-Introduction to 802.1X Operations for Cisco Security Professionals Exam to view the test

 

buy

16 4月

600-601 IMINS Managing Industrial Networks with Cisco Networking Technologiesオンラインテスト試験

600-601 IMINSシスコネットワーキング技術と産業ネットワークの管理として知られる。関連した認定シスコネットワークスペシャリストです。本当のシスコ600-601試験では55 – 65の質問があり、受験者は試験を完了するために75分がかかります。利用可能な言語は英語である。候補は、ピアソンvue試験センターでシスコ600-601試験に登録することができます。
Cisco 600-601試験のipネットワークのosi層の候補者の知識だけでなく、ルータやスイッチなどのネットワーク機器として、配線のアプローチを駆動する、などの特定の産業機器のplcは、センサ、および変電所設備の一過性のような関連した工業標準とモデル、パーデュー大学のモデルと環境基準と工業地帯における種々の安全プロトコルが重要である。

Cisco 600-601 IMINS無料オンラインテスト、こちらをクリックする

それはCisco 600-601試験の話題を知っている候補のために役に立ちます。

15% 1.0 Install, Replace, and/or Remove an End-Device

1.1 Demonstrate knowledge of different industrial end-point devices and the interconnections for those devices to perform appropriately in an industrial setting to incorporate elements of bandwidth, real-time, precision, etc.
1.2 Given a config script for a topology determine the appropriate location for the installation of the industrial ruggedized end-point device and how that device will interact with other elements
1.3 Ensure proper industrial network operation of a given end-device following replacement by verifying that industrial ruggedized
elements (ports, IP address, connectivity, subnet mask, default gateway) are appropriately configured/connected.
1.4 Demonstrate an understanding of safe physical installation of various industrial ruggedized end-devices within an industrial setting following a terminal block diagram

23% 2.0 Install, Replace, and/or Remove an Infrastructure Device

2.1 Demonstrate a knowledge of how different industrial application/network protocols operate within the network topology (Ethernet/IP, 61850, etc.)
2.2 Demonstrate familiarity with basic CLI/GUI configuration within an industrial network by accessing, configuring, saving, validating (ports, IP address, connectivity, subnet mask, default gateway) and exiting a network device
2.3 Demonstrate understanding of safe physical installation of various industrial ruggedized network devices within an industrial
setting, (e.g. following a schematic such as a terminal block diagram, and the interdependencies of the network infrastructure devices.)
2.4 Demonstrate knowledge of different industrial network infrastructure devices, their places in the industrial network, and the networking/device characteristics such as QoS, precise timing, industrial topologies, network resiliency, ruggedization, bandwidth, etc
2.5 Illustrate understanding of the interconnections for the full network within a validation of the entire industrial network connectivity and that it is aligned with the provided design diagram (correct number of devices and/or IP addresses, cables are properly labelled and connected to the proper places, usage of appropriate icons) to include ensuring that configuration files are up to date and available
2.6 Illustrate an understanding of the safety and security risks (company or industry, e.g. Purdue model) for a given industrial infrastructure device and apply the appropriate steps to secure it (e.g. are unused ports turned off, telnet versus SSH, https versus http, network segmentation.)

10% 3.0 Install, Replace, and/or Remove Cables (network and/or power)

3.1 Demonstrate the selection of cable channel for an industrial application with appropriate cable and connectors, for example two-pair, four-pair cable, high-flex, high- EMI, unshielded, fiber, and copper
3.2 Demonstrate safe and secure installation, identification, and documentation best practices for various industrial environments
including grounding, bonding, shielding, etc. (for example: TIA1005, TIA568c.0, EN10174, TIA606b, and NEC article 800.)
3.3 Identify the steps and tools for validating the newly installed cabling and connectors (for example: TIA568c.2.)

35% 4.0 Troubleshooting

4.1 Layer 1
4.1.a Identify cable or device issues by visual inspection, test tools, and examining traffic statistics via system logs and/or end devices UIs
4.1.b Characterize the symptoms associated with a duplex mismatch situation
4.2 Layer 2
4.2.a Given a scenario in an industrial setting, troubleshoot a switch port by reviewing the UI, configuration, link lights, and/or looking at counters or packet capture (e.g. multicast, QoS.)
4.2.b Given network symptoms identify the likely errors and the root causes of those errors (e.g. baud rate, network loops, spanning tree.)
4.3 Layer 3
4.3.a Given a scenario in an industrial setting, troubleshoot a networking device by reviewing the UI, configuration, addressing/subnet mask, link lights, and/or looking at counters or packet capture (e.g. routing protocol, QoS, duplicate IP.)
4.3.b Determine if there is layer 3 connectivity using common tools (e.g. trace route, ping, etc.)
4.4 End to End
4.4.a Determine if there is application connectivity and appropriate industrial performance using common tools (e.g. trace route,
ping, telnet, etc.)
4.5 Relevant Networking Issues
4.5.a Identify and collect relevant troubleshooting information for issue reporting/escalation/duplication.
4.5.b Demonstrate appropriate knowledge to proactively identify cyber and physical security incidents
4.5.c Demonstrate an understanding of secure, safe, and non-disruptive methods during industrial network monitoring and diagnosis

17% 5.0 Maintain Appropriate End-Devices and Industrial Network Infrastructure Devices

5.1 Given a scenario, ensure reliable back-ups of current configuration are being made
5.2 Given a scenario, verify that the appropriate firmware is loaded to support the system
5.3 Demonstrate an understanding of the importance of maintaining updated firmware to minimize security holes
5.4 Demonstrate an understanding of appropriate techniques to upload software to a Cisco IOS networking device
5.5 Provided a deployed asset inventory database illustrate an understanding of appropriate methods for updating and/or maintaining the database (hardware, operating system and patch level, which people have access to different systems.)
5.6 Demonstrate an understanding of the conditions that cause deterioration of equipment (cables, devices, etc.) as related to industrial environments
5.7 As part of the change management process identify the relevant documentation artifacts to be maintained for all stakeholders

13 4月

650-159 ICAオンラインテスト-Cisco IronPort Cloud Associate

我社は650-159 ICAS試験のオンラインテストを提供しています。正しい質問と答えを作ります。試験の質問の内容は最新の試験内容であります。インターネット上で、24時間どこでも受験できる、オンライン型テストです。従来の自己申告型や、資格試験の模擬テストとは異なり、様々なビジネス分野、業務に対応した実務能力、技術スキルを短時間で測定します。個人・企業のビジネススキル診断、IT技術スキル診断、企業人材育成利用、学校教育利用などで活用できます。このシステムは、商品知識・販売スキルなどの研修用としての利用、業界毎・企業毎・職種毎の実務スキル用途、さらには大学、専門学校の就職適性スキル測定用途等にも別途カスタマイズ可能です。

お客様は我社に何かご意見があれば、我社にメールをしてください。我々はそれがステップバイステップで改善されます。
さて、テストを始める:

Please go to 650-159 ICAオンラインテスト-Cisco IronPort Cloud Associate to view the test

 

buy


ページ


最近の投稿


タグ

200-101 ICND2オンラインテスト 300-101 ROUTE オンラインテスト 300-115 SWITCH オンラインテスト 600-601 IMINS オンラインテスト 640-864J DESGN オンラインテスト Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks CCIE Routing and Switching認定資格 CCIE Security written CCNA Interconnecting Cisco Networking Devices 1 (ICND1) 日本語版 CCNA Routing and Switching CCNP Collaboration認定資格 CCNP Routing and Switching認定資格 Cisco Cisco Architecture認定資格 Cisco CCDA認定資格 Cisco CCIE Data Center認定資格 Cisco CCIE認定資格 Cisco CCNA Data Center認定資格 Cisco CCNA SP認定資格 Cisco CCNA Voice認定資格 Cisco CCNA認定資格 Cisco CCNP Data Center認定資格 Cisco CCNP Security認定資格 Cisco CCNP Service Provider認定資格 Cisco CCNP SP Operations認定資格 Cisco CCNP Voice認定資格 Cisco CCNP Wireless認定資格 Cisco CCNP認定資格 Cisco IronPort認定資格 Cisco Others認定資格 Cisco Service Provider Mobility CDMA to LTE Specialist認定資格 Cisco Service Provider Mobility UMTS to LTE Specialist認定資格 Cisco Specialist認定資格 Implementing and Maintaining Cisco Technologies Using IOS XR Implementing Cisco Data Center Unified Fabric (DCUFI) Implementing Cisco IP Routing Implementing Cisco IP Switched Networks Implementing Cisco IP Telephony & Video Implementing Cisco Secure Access Solutions Implementing Cisco Secure Mobility Solutions Implementing Cisco TelePresence Video Networking Solutions Exam Implementing Cisco Threat Control Solutions (SITCS) Implementing Cisco Unified Communications Manager Managing Industrial Networks with Cisco Networking Technologies Part 1 v8.0 (CIPT1 v8.0)